情報技術・環境安全技術のソリューションプロバイダー/エフ・アイ・ティー・パシフィック株式会社

VM7 ケーブルマネージャ デモムービーDemo Movie

デモムービーはYouTubeチャンネルでもご覧いただけます。エフ・アイ・ティー・パシフィック(YouTube)

    • システムログイン
    • IDおよびパスワードの入力を行いログインします。
    • 図面表示
    • システムにログイン後、フロア図を表示します。
    • 機器情報表示
    • 図面上から機器の情報を表示します。
    • 接続表示1
    • 選択した端末PCからの接続情報を確認します。
    • 接続表示2
    • 接続情報表示画面を説明します。
    • 接続表示3
    • 情報コンセントから上位の接続を確認します。
    • 接続表示4
    • ケーブルの敷設ルートや属性情報を確認します。
    • 芯接続情報
    • 芯単位での接続情報の確認をします。
    • ポート空き情報
    • 情報コンセントのポート空き情報を確認します。
    • 上位接続の確認
    • フロアスイッチから光幹線ケーブルの接続を確認します。
    • 系統図上での情報確認
    • 系統図上での機器情報の確認をします。
    • 機器の検索・表示1
    • 登録された機器を登録IDから検索・表示します。
    • 機器の検索・表示2
    • 登録された機器をIPアドレスから検索・表示します。
    • 部屋検索
    • 部屋名を検索して図面を表示します。
    • 端末の配置
    • ライブラリから選択した端末を図面上に登録します。
    • 端末の移動
    • 登録配置した端末の設置場所を移動します。
    • 端末の接続
    • 登録配置した端末を情報コンセントに接続します。
    • ラック搭載機器の配置
    • ラック内にスイッチを登録配置します。
    • スイッチの接続確認
    • 登録配置したスイッチの接続情報を確認します。
    • スイッチ障害範囲の確認
    • レイヤースイッチ障害発生時の影響範囲を確認します。
    • MPP収容帳表作成
    • モジュラーパッチパネルの収容表をエクセルに出力します。